So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ペースメーカーはマラソンで走る [スポーツ]

スポンサーリンク




ペースメーカーと聞くと、あの心臓に電気を通すペースメーカーのことを思い浮かぶのではないでしょうか。


私もそう思いました。

そのペースメーカーですが、どうやらマラソンにもペースメーカーがあるみたいです。

マラソンだったら急に倒れたりする人がいたりしそうだからペースメーカーがあってもおかしくないんじゃないか?
と思うかもしれませんが、マラソンのペースメーカーはペースメーカーではないのです。

どういうことかというと、マラソンでのペースメーカーは医療のペースメーカーではなく、文字通りペースを作る人のことを指すのです。

このペースメーカーの目的は大会記録の更新を伸ばすために本命選手を引っ張っていくことです。
求められる能力としては高水準であり均等なペースで走ることになります。
ペースメーカーを入れるメリットは、選手がレースの序盤でライバルたちを意識しすぎてしまい、ペースを
乱すことを防ぐことによって高記録を期待することができます。

しかしペースメーカーが優勝した場合もあります。

え?いいの?と思うかもしれませんが、主催者との契約で優勝しても構わないないようであれば問題
にはならないようです。

となるとさらなる高記録を作るにはペースメーカーのペースメーカーが必要になってきますね。


最近のペースメーカーの役割は高記録を狙うというよりも選手に無理をさせない走りをさせる目的が
強いかもしれません。

ちなみに、世界選手権などの真剣勝負にはペースメーカーは利用されません。真剣勝負なので完全に本人の
実力が試されます。







スポンサーリンク
]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。