So-net無料ブログ作成

沖ノ鳥島の工事理由と費用 [政治]

さて、沖ノ鳥島の工事作業で5人の方がが死亡しました。

この沖ノ鳥島の工事というのは国策工事、つまり国が取り決めた工事になるわけですがなぜそこまでして
沖ノ鳥島を工事して保護する必要があるのでしょうか。


それは、沖ノ鳥島があるか無いかによって今の日本の排他的経済水域が変わってしまうという理由があるからです。
たかだか島一つが無くなったくらいでそんなに影響ないでしょ、と思うかもしれませんが、沖ノ鳥島によって
得られる排他的経済水域は大体40万k㎡です。この大きさは東京ドームいくつ分とかではなく、日本の国土面積約38k㎡よりも大きい領域になります。

また、広大な海域を確保するということは、海底資源などを独占的に開発することができるので数兆円規模の
経済効果が期待できます。


中国や韓国などが沖ノ鳥島を島じゃないと言い続けているのは日本の海底資源による経済効果が大きくなることにより、自国の経済に大きく影響を与えると考えているのが理由ではないでしょうか。


ちなみに今回の事故が起きた工事は平成23年(2011年)から始まり、28年度(2012年)までに総事業費約750億をかけての工事であり、目的は海上保安庁や民間企業が使用する海洋防衛や海洋開発の拠点にすることです。費用が高めかと思いますが海底資源の経済効果のための投資と考えられることもできます。

といっても工事費用は税金から賄われていますが。

今回の事件の原因は桟橋の一部がひっくり返ったとあります。なぜ安全基準を満たしながらこのような事態が起きたのかの理由は不明ですが、原因は必ずあるので、それを追求し二度と死者を出さないようにしてもらいたいです。


今回の沖ノ鳥島の事件のニュース動画







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大食い選手の胃袋の仕組み [スポーツ]

今日はテレビ東京で元祖!大食い王選手権が放映されました。


大食い王選手権なので、どれだけたくさん食べれるかを競い合うことが競技になっていますが、
なんであんなに食べることができるのでしょうか。しかも大量に食べているのに太らないのも不思議ですよね。

実は、これらの要素には「胃袋」と「体質」が深く関わってきます。


まず、胃袋はある程度「鍛える」ことが可能です。「鍛える」といっても胃袋をムキムキにするわけではなく、
拡張、つまり今よりも大きく広げることができます。

もちろん、いきなり限界まで食べると苦しくて続かないので少しずつ増やしていきます。そうすれば、
食べられる量が今までの何倍にもなります。これがたくさん食べられる「胃袋」の仕組みです。

ただし、ここで問題が発生します。食べられる量が増えるということは、1日の摂取カロリーが増えるということです。

仮にですが、鍛えまくった結果、1日お米を一升食べるようになったとします。米1合のカロリーが534kカロリーなので、5340kカロリーになります。
このカロリーは、一般的な成人の1日に必要とするカロリーよりも3000kカロリー程多いことになります。
「体脂肪」の1kgが7200kカロリーなので、これを続ければ当然太ります。

つまり、胃袋を鍛えることはできても、結果として太ることになるのです。

じゃぁどうして大食い選手は痩せているんだ!ということですが、これは「胃袋」の大きさではなく

「体質」に関わってきます。

大食い選手の胃袋の仕組みとして「胃下垂」を思う人もいるかもしれません。確かに「胃下垂」の場合
食べ物が胃から腸への移動が早くなるため殆ど栄養が吸収されません。しかし食欲不振を引き起こすため大量の食事を取ることができなくなります。

ではどういった体質なのかというと、大食い選手のギャル曽根の例を見てみましょう。

まず、最初に述べたようにギャル曽根は胃が拡張しやすいです。どれくらい拡張しやすいのかというと、
通常の10倍以上です。普通は2~3倍程度です。この時点で鍛えたというより体質と言えると思います。

更に、大量に食べた場合は短時間で排便されますが、彼女は普段は普通の人と同じ量の食事を摂ります。
しかも普通の量を食べた場合は一般の人と同じようにちゃんと胃の中の食べ物が消化されてから腸に運ばれ
吸収されます。


食べる量によって消化の流れが変わる仕組みというのは「体質」以外ありません。


ある意味大食いの才能といっても過言ではないと思います。


結局のところ大食い選手がたくさん食べられる理由を1つにまとめてしまうと「体質」になるわけです。



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日の花見の天気が雨になった場合の対処法

今日3月29日は花見日和のせいか、東京の花見の名所近くの駅がすごく混雑していました。
場所によっては入場規制もしていたりしたようです。

毎年恒例の花見の時期よりも混んでいたような気がした方は多かったのではないでしょうか。


それはそのはず。明日の天気は曇から雨になるからです。しかも桜前線の情報からだと東京の桜が満開になるのは
今月末の3月31日なので絶好の花見日和は今日しかなかったのです。

つまり、明日の3月29日の花見は薄暗い天気の中でやるか、雨が降った場合は中止を余儀なくされてしまうわけです。


さて、では花見が中止になった場合はどういうイベントを行えばいいのか。どうやらお決まりのパターンがあるみたいです。


花見は全員が楽しめるイベントです。つまり、雨の日は室内で全員参加できて楽しめるイベントがあればいいわけです。
つまり、ボーリングをすることです。全員が参加できますしね。


次に、花見といったらお酒ですが・・・昼からいきなり居酒屋に行ってお酒というわけにもいかないので、ボーリングなどの
屋内でのイベントとかで時間を流してから、居酒屋への流れがいいと思います。



最後に飲み会が終わったあとですが、おそらく帰る組と徹夜組に分かれます。徹夜組は夜通し出来る何かができればいいと
思うので、定番といえば定番ですがカラオケですかね。麻雀もありです。

とまぁこんな感じで花見が中止になった場合の代わりのイベントがこれになります。

やっぱり花見を見たいから来週の4月5日くらいにしようと考えている方もいるとは思いますが、満開の時期から5日程過ぎている
のでけっこう散っている可能性があるためご注意を。


ちなみに去年2013年も花見は天気による影響をかなり受けていました。ええ、開花してからか急激に寒くなったため
花見の日が寒くて雨も降っているという最悪の花見日和でしたが今日は本当に天候に恵まれていました。というか暑すぎましたね。


















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘルシオのお茶プレッソの値段と茶道


コーヒーのエスプレッソマシンならぬ、お茶のエスプレッソ、お茶プレッソという機械が
シャープのヘルシオブランドから出るみたいです。


では、このヘルシオのお茶プレッソはどのような仕組みでお茶を入れてくれるのか。

まず、お茶を入れるので当然ながら茶葉を使います。で、この茶葉をそのまま使うのではなく、
セラミック製の臼で茶葉を細かい粉末状にします。


そして、タンクの中に入れてある水を沸騰させ、水道水に含まれているカルキを取り除き、
お茶の味を更に高めます。

最後に、「回転はね」という装置が自身も回転しながらうずを巻くようにお湯と茶葉をかき混ぜ、
のどごしのいいお茶にするそうです。いわゆる「お茶を点てる」ということになります。

お茶を点てるというのは茶道では茶筅を使います。
どいうふうなのか動画で見てみると


茶筅を使って点てているのがわかりますね。この動きが今回のお茶プレッソにも含まれています。


ちなみに使える茶葉は、茶葉であればなんでも使えるみたいです。

烏龍茶や紅茶も使えるということですね。


なかなか便利なアイテムで健康的なのは流石はヘルシオといったところでしょうか。

が、やはりどんな便利なものでも値段が気になります。

今回のお茶プレッソ値段は店頭価格が2万5千円。うーむ高い気がしますが妥当な値段といったところでしょうか。
あくまで店舗で販売してい場合の値段ですからネットショップなどではもっと安く買えるかもしれません。

販売してからしばらく経てば他社が参入し、もうちょっと購入しやすい値段になるかもしれませんね。


お茶以外にコーヒー豆とかも入れて出来そうですがフィルターをかけているわけではないのでコーヒー的な何かになるでしょうね。

お茶プレッソは茶道を手本にして作られているようですが、茶道と言えばお菓子が出ます。
もしかしてヘルシオが和菓子も売り出してヘルシオ茶道菓子みたいな感じで売ってくるかもしれませんね。

販売日は4月の25日のようですが既に予約販売をしているところもあるようなので、買いたい型は





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2014年の新入社員の型 [企業]

今年も冬が終わり、春が来る季節になりました。

春といえば入学や入社といった日本では人が新しい組織に入る時期になりますね。

そして、新入社員に型があることをご存知でしょうか。ここ数年、新入社員には毎年のように型がつけられています。

では今年2014年の型は何かというと、「安全運転の自動ブレーキ型」になります。
この型の特徴は、2つあります。まず1つめに、困難な壁はぶつかる前に未然に回避するという傾向。
そして2つめは、情報収集能力にもたけており、人を傷つけない安心感があるということ。

この2つの特徴がある2014年新入社員の「安全運転の自動ブレーキ型」に対してどこかが馬力不足として考え、
前向きに挑戦をしていき失敗する中から学ぶ経験もして欲しいという声があるようです。


この新入社員の型ですが実は発表されなかった年があります。それは2011年。発表される予定だった「はやぶさ型」は発表されませんでした。
なぜ発表されなかったというと、2011年に東日本大震災のため、発表を自粛したようです。
詳細の理由は以下に乗っているので参考までに
http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001036/attached2.pdf

翌年の2012年の新入社員の型は「奇跡の一本松型」と言われています。
前例のない厳しい就職前線を潜って残ったことからこの型の名前が付けられました。

その奇跡の一本松はもはやサイボーグ化としているようで、保存費用が1億5000万円と金の成る木ではなく
金を貪る木になってしまったようです。

来年はどういった型が来るのかがきになりますね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケンミンショーで紹介された料理「ピカタ」と「ピカタ」の違い

さて、本日の秘密のケンミンショーで北海道の釧路市では定番と言われている「ピカタ」という料理が紹介されました。

「ピカタ」がどういう料理なのかというと、スパゲッティの上に薄く焼いた大きめの卵焼きを乗せた料理です。
具材はチャーシューやタケノコを使っています。

この北海道で生まれた「ピカタ」は釧路市にある泉屋で食べるのがおすすめのようです。また、泉屋では「ピカタ」よりも「スパカツ」の方が有名です。

「スパカツ」と「ピカタ」は同じくスパゲティを使いますが、使う具材やソースが異なります。
「スパカツ」の場合、載せるものが卵ではなくトンカツで、かけるソースはミートソースになります。※「ピカタ」の場合はトマトソース

説明するよりも動画で見たほうがわかりやすいと思います。


アツアツで美味しそうな音を立てていますね。

ケンミンショーで「スパカツ」よりも「ピカタ」を紹介したのは、知名度の低い方を紹介したほうがインパクトがあると考えたんでしょうね。

さて、「ピカタ」を聞いてなんで北海道?と思った方もいるかもしれません。
それはそのはず。なぜなら、イタリア料理にも「ピカタ」と呼ばれる料理があるからです。イタリア料理の「ピカタ」は北海道の「ピカタ」とは異なります。

調理法は薄切りにした肉に塩やコショウで下味をつけ、焼く前に小麦粉をつけます。そしてパルメザンチーズと溶き卵を混ぜたものをからませて焼きます。これがイタリアの「ピカタ」です。北海道の「ピカタ」とは全く違う料理ですね。

作り方は動画を見たほうが早いです。


こっちの「ピカタ」も美味しそうですね。

どちらの「ピカタ」も美味しそうですが、それぞれ違う料理なのになぜ同じ名前が付いたのでしょうか。

イタリアの「ピカタ」も北海道の「ピカタ」も豚肉を多く使っているので、そこが共通しているから同じ名前になったのかもしれません。

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子育て世帯臨時特例給付金の予算と復興予算 [経済]

さて、消費税増税に伴う景気の低迷の対策として、子育て世帯臨時特例給付金という給付金が出るようです。

文字通り、子育てをしている世帯が資格の対象となっていますが、給付対象となるための条件があります。それは
平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む)の受給者であり、平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たないことになります。

支給される額は対象児童1人につき1万円です。もらえて嬉しい給付金ですが、この給付金の金はどこから出てくるのでしょうか。。

もちろん、国の財である国庫から支出されます。

子育て世帯臨時特例給付金の予算は1473億円です。しかしその内実際に給付される額は1271億円。残りの202億円はどこへ行くのかというと事務費に回ります。

202億の事務費がかかるのはどうなんですかね。というか子育て世帯臨時特例給付金として支給される1271億円もちゃんと全額が給付金として支給されるかどうかが疑問です。

なぜ疑問なのかというと以前、東日本大震災の対策として復興支援の予算を立てていましたが、その膨大な予算を庁舎の改修に使ったり、財源が無いと言っておきながら消費税増税の可決後に復興予算が6兆円も余っていたりと税金の管理が杜撰すぎるからです。

子育て世帯臨時特例給付金も同じようなことが起きる気がします。むしろ税金を撒くということは、表面上の看板の裏で誰かに金を流すことが目的になっているような気がします。

ちなみに子育て世帯臨時特例給付金で支給されるのは1度きりです。余った復興予算の6兆円を回せば40ヶ月連続で支給できますね。

なんというかその場しのぎというか長期的な目を持っていないような政策にも見えます。

消費税が10%に上がった時も同じ制作をするのでしょうかね。

※消費税10%がいつ上がるかについては↓に以前書いたことがあるので参照してみてください。
http://gualaola.blog.so-net.ne.jp/2014-03-19



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西之島と新島の大きさと噴火動画 [自然]

皆さんどうもこんばんは。


去年から海底火山によってできた新しい島がどんどん大きくなっていると話題になっていますね。
更に最近は「西之島」と「新島」が合体して更に大きくなったとあります。

では大きくなっている島は「西之島」と「新島」のどちらなのでしょうか。

答えは「新島」です。「西之島」自体は大きくなってはいません。

なぜ「西之島」が大きくなっているように取り上げられているのかというと、

「西之島」近くにできた「新島」が大きくなり、2つの島が合体した結果、「西ノ島の面積が大きくなった」
と表現しているからです。

「西之島」が「新島」に吸収されたと言ったほうがわかりやすいでしょうか。


ちなみに今現在の合体した島の大きさはどれくらいかというと

東西に1.1km、南北に850mです。


まだまだ成長するようで、もしかしたら飛行場ができるくらいの大きさになるかもしれません。

西ノ島のある場所が↓にあります
https://www.google.com/maps/place/%E8%A5%BF%E4%B9%8B%E5%B3%B6/@26.9967869,141.0366626,9z/data=!4m2!3m1!1s0x60f44518089bf9af:0xdb6035fef5568c0b

位置的に日本の軍事的に重要な拠点になりえるとも考えられます。


噴火の様子を動画で見ると

【飛行機から】


【海上から】



ずっと轟音を立てて噴火しています。もしかしたら富士山並みに大きい火山が出来るかもしれませんね。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地球温暖化対策税の増税セットと地震雲 [経済]

何やら消費税以外に地球温暖化対策税も増税するみたいです。

この地球温暖化対策税は二酸化炭素を排出する化石燃料が対象になっているため、

ガソリン

灯油

電気

都市ガス

LPガス

が税の対象になります。施行されたのが2012年からなので最近ガス代とかが上がっているのはこの税のせいですね。

しかもこの地球温暖化対策税の厄介なところは3年半かけて段階的に実施するんですよ。

原油やガスによって値段は変わりますが、おおよそ1トンあたり来月から250円程度値上がり、
平成26年(2016年)の4月も250円程上がります。

更に消費税増税の時期とかぶっている為負担が増加します。2015年度には消費税が10%になる可能性があるため、地球温暖化対策税も消費税も今よりも倍になります。嬉しくない増税セットの一丁上がりです。

もちろんガス・電気代も上がります。ガソリンは来月4月からリッターあたり5円も上がるようです。

ちなみに、地球温暖化の原因が二酸化炭素と言われていますが私は嘘だと思いますね。

そもそも地球には寒冷期と温暖期があるわけで、温暖期にあれば人類が絶滅しようとも気温が上がるわけです。
仮に二酸化炭素に温室効果があるとしても人類が生み出す二酸化炭素の量など地球から見ればわずかです。
二酸化炭素の排出量が最も多かった時期でさえ、気温は上がらなかったのです。東京ドームの中で息を吐けば二酸化炭素は排出されますが、ドームの気温は上がりませんよね。

この手の環境対策とういのはいろいろと政治的な背景が見えてきますが、ここでは省略します。


さて、次に地震雲と呼ばれている中の竜巻雲がいくつか見えるということで地震の前触れではないかと話題になっていますが、そもそも地震雲というのは

地震が起きた→地震が起きる前に雲があった→あれは地震雲に違いない!

という流れで地震雲という風に言われ始めたのが地震雲です。つまり地震雲といえば全ての雲を指示しているわけで、予測にもなりません。

”どうせこないんだろ”と考えている人に備えさせるアラームの役割くらいにはなりますかね。


温暖化の原因が二酸化炭素であることに疑いをかける人が少なかったり、何の根拠もない地震雲の予兆を信じようとしているのが多いのは情報に操作されやすい人が多い証拠ですかね。


日本は大丈夫なんでしょうかね。

























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エボラ出血熱の原因と日本の感染例 [医療]

西アフリカのギニアでエボラ出血熱により現在までに59人の死者が出てます。

エボラ出血熱はエボラウイルスを病原体とする感染症であり出血熱の1つです。

病名の由来はアフリカのコンゴ民主共和国にあるエボラ川の周辺の村で初めて感染が確認されたためこの名前がつきました。

このエボラウイルスにはいくつか種類がありますが、感染した場合の致死率は低くて50%から高い場合は90%近くなります。

この恐ろしい病原体はどこから来たのでしょうか。

実はまだ自然宿主の特定ができていませんが、コウモリが今のところ有力です。
なぜなら、コウモリにエボラウイルスを注射をした結果、生き延びたという研究結果があるからです。

さて、このエボラ出血熱は日本での感染例はあるのかというと、"無い"です。
また、アフリカにいる日本人での感染例も無いようです。

更に、現在の日本の法律上、エボラ出血熱にかかった外国人患者は日本国内の上陸を拒否されるようになっています。

日本で感染した症例が無いことには安心できますが、エボラウイルスは強い感染力を持っていますが、
空気感染はしません。感染するのは、患者の体液や血液に触れた場合です。

つまり患者に触れなければいいという話ですよね。

今回のギニアでのエボラ出血の感染拡大は患者に触れたことが原因ではないでしょうか。今まで流行してしまった原因もそこにあるようなので。

不用意に倒れた人に直接触れるのがいかにして危険であるかを表しています。

なお、エボラ出血熱に対する有効的な治療法は確率されていないため、いかにして防ぐかが重要ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。