So-net無料ブログ作成
検索選択

粉塵爆発の仕組み

粉塵爆発をご存知でしょうか。
文字通り、粉塵が爆発することです。


発生するメカニズムは
大気中に可燃性の粉塵がある状態で引火して爆発します。
特に微細な粉塵は体積に対する表面積の割合が大きいため、空気中で周りに十分な酸素が存在すれば燃焼反応に敏感な状態とるため
、火気と反応すれば爆発的に燃焼するのです。

炭鉱では石炭粉末が起こす粉塵爆発を炭塵爆発とも言います。


また、小麦粉や砂糖、コーンスターチなど粉状の食品から金属粉といった
可燃物もしくは危険物とされていない物質でも爆発を引き起こします。


え?小麦粉とかも爆発するのか?と思われるかもしれませんが、可燃性のある粉塵は発生条件を満たせば爆発します。

その条件とは何か。それは、酸素と着火元と粉塵雲が揃うことです。


酸素がなければ燃焼できませんし、着火元がなければ粉塵に引火することもありませんし、粉塵の濃度が高くなければ
燃焼反応が連鎖せず、逆に高すぎると十分な酸素が粉塵の間にないため燃焼反応が連鎖しません。

つまり、一般的に生活している中で粉塵爆発は起こりにくいのです。


とは言ってもどういう爆発になるのかが気になりますよね。

それでは小麦粉を使ってみた実験があるので見てみましょう。


ちょっとした爆発といった感じですね。


ちなみに石炭の粉塵爆発の場合



規模が違いますね。大爆発と言えるではないでしょうか。



とりあえず、粉塵がある場所へは近づかない方が良さそうですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震と火災と断ボール

地震といえば家が揺れて壊れたりモノが落ちたりすることを第一に心配すると思います。

しかし、火災についても気にしなくてはなりません。

大きな地震が発生した場合、電力線の断絶が起こるため、電気の供給が止まります。

それから数時間~数日後に電気の供給が回復しますが、その際に起こる火災が「通電火災」です。
地震の影響により破損した電気器具に通電して火災が発生したり、ガスが漏れている所に通電して
ガスと反応して発火したりと多くの原因があります。

阪神・淡路大震災の時では通電火災が全火災の6割ともいわれています。

では通電火災を防ぐにはどうすればいいのか。

それは、大震災の時には必ず電気のブレーカーを落とす事です。とはいえ、大地震クラスに遭遇してしまえば、ブレーカーのことよりも避難が先に入るためなかなか遭遇した際に実施するのは難しいと思います。

地震の時に自動的にブレーカーを落としてくれるようなアイテムがあればいいなぁ・・と思ったら実はあるんです。

その名も
ブレーカー自動遮断装置 スイッチ断ボールII

ブレーカー自動遮断装置と聞いてなんだかすごく高そうと思うかもしれませんが、なんと
3000円あれば買えるんです。

なぜかというとこのブレーカー自動遮断装置、スイッチダンボールIIの構造がいたってシンプルだからです。


玉とキャップが紐で結ばれており、キャップをブレーカーに付けて、玉は震度5以上になると落ちてブレーカーも落ちるというシステムになっているようです。

実際にどういう動作をするのか動画で見てみましょう




すぐに落ちる、というよりも一定期間揺れてから落ちるといったところでしょうか。


いつか起きる大地震のために、一度購入してみてはいかがでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素潜りでダイオウイカを捕獲 [生物]

兵庫県にある新温泉町の諸寄港で生きたダイオウイカが水揚げされました。

しかもこのダイオウイカ、なんと素潜りをしていた地元の漁師さんが海中で見つけて捕獲したようです。

まさにダイオウイカをとったどー!ですね。

もちろんダイオウイカ自体巨大なので、船まで行ったあとにそのまま運んだようです。

このダイオウイカが浅瀬で生け捕りにされるのは珍しいとも言われています。

また、今回捕獲したダイオウイカの重さは200kgでメスと見られているようで、今後は冷凍保存されて博物館で標本として役立てられるようです。

ダイオウイカは深海に生息していますが、今年に入って富山県や新潟県で水揚げが相次いでいるようです。
リュウグウノツカイなどの深海魚が水揚げされているのも何かの前兆でしょうか。


ちなみにダイオウイカに対してはアンモニア臭くて食べれないというイメージを持っている人が多いと思いますが、ダイオウイカを捕獲した素潜りハンターの漁師さんは食べたようで、食べた感想はうまくもまずくもなかった
だそうです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペースメーカーはマラソンで走る [スポーツ]

ペースメーカーと聞くと、あの心臓に電気を通すペースメーカーのことを思い浮かぶのではないでしょうか。


私もそう思いました。

そのペースメーカーですが、どうやらマラソンにもペースメーカーがあるみたいです。

マラソンだったら急に倒れたりする人がいたりしそうだからペースメーカーがあってもおかしくないんじゃないか?
と思うかもしれませんが、マラソンのペースメーカーはペースメーカーではないのです。

どういうことかというと、マラソンでのペースメーカーは医療のペースメーカーではなく、文字通りペースを作る人のことを指すのです。

このペースメーカーの目的は大会記録の更新を伸ばすために本命選手を引っ張っていくことです。
求められる能力としては高水準であり均等なペースで走ることになります。
ペースメーカーを入れるメリットは、選手がレースの序盤でライバルたちを意識しすぎてしまい、ペースを
乱すことを防ぐことによって高記録を期待することができます。

しかしペースメーカーが優勝した場合もあります。

え?いいの?と思うかもしれませんが、主催者との契約で優勝しても構わないないようであれば問題
にはならないようです。

となるとさらなる高記録を作るにはペースメーカーのペースメーカーが必要になってきますね。


最近のペースメーカーの役割は高記録を狙うというよりも選手に無理をさせない走りをさせる目的が
強いかもしれません。

ちなみに、世界選手権などの真剣勝負にはペースメーカーは利用されません。真剣勝負なので完全に本人の
実力が試されます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アジアンカープの正体 [生物]

アジアンカープという魚をご存知でしょうか。

和名ではハクレン(白鰱)と言われています。

この魚は中国全国の各河川に広く分布していて、1878年に日本に最初に持ち込まれて1942年に本格的に移入されました。

本州、九州に分布する帰化動物なのですが、自然繁殖が確認されているのは利根川を含む一部の水系だけのようです。

世界ではユーラシア大陸の東部や、アメリカのミシシッピ川などの水系などに生息しています。


他の魚と違い、この魚の最大の特徴は「飛び跳ねる魚」であることです。

飛び跳ねる魚といえばトビウオを思い浮かべると思います。

しかしアジアンカープは単に飛び跳ねる、つまりジャンプをするだけですが、トビウオは
滑空(降下する状態で空を飛行)するのでアジアンカープとトビウオの特徴は似ているようで違うのです。

ではこのアジアンカープはどれくらいジャンプをするのでしょうか。

動画で見てみましょう。




確かにジャンプをしています。ジャンプをする際に白い波を立てていますが、これもアジアンカープ(ハクレイ)
の特徴です。

集団の跳躍は産卵期によく見られるため、中国では「跳鰱」という別名もあるようです。

ちなみにトビウオはこんなふうに滑空します





飛んでいる時はまるで飛行機みたいですね。



アジアンカープもトビウオも料理で食べられるので見て楽しむだけではなく、味も楽しんでみたらいかがでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オオアサ電子ってどういう企業? 強い中小企業の秘密。 [企業]

カンブリア宮殿でオオアサ電子が紹介されました。

といっても、普段から耳にしている企業ではないため、多くの人は
オオアサ電子ってどういう企業?と疑問に思われたかもしれません。


では、オオアサ電子はどういう企業なのでしょうか。

簡単に説明すると、元々中小企業でしたが、リーマンショックの影響を受けて廃業になりそうだったところ、
自分たちでも何か作れないかと思い、メーカーとして立ち上がった企業です。

説明するよりも動画で見たほうが早いと思いますので見てみましょう。



ここではエグレッタという他社にはなかったスピーカーを作っていますね。


最近はスマホの液晶画面を保護する保護ガラスを制作したみたいです。

こちらの動画でどれくらい強いのかを試しています。



オオアサ企業が作成したモノを販売しているネットでの品物の評価も高いです。

未来工業にも共通していますが、これらの中小企業の強みというのは差別化に徹底していると思います。

例えば、オオアサ企業が無指向性スピーカーのエグレッタをつくらず、通常の一定方向に音を流すスピーカーを流していたらどうでしょうか。品質はいいかもしれませんが、ほかとそれほど大差がないため売れなくなります。なぜなら、消費者は知らないメーカーよりも知っているメーカーのモノを買うからです。それらに勝つためには、他とは違う点を強調させた商品を出させる必要があります。


今後、潰れそうになっている中小企業が独立を目指し、他社には負けないための差別化を徹底的に行い、商品を開発していけば大手企業よりも強い中小企業が増えると思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ローソンマート 気になる1号店の場所と今後の展開 [企業]

いよいよローソンマートが本日オープンしました。

気になる1号店の場所は

神奈川県横浜市西区浜松町2-25です。

住所を見ても?と思うので、近い駅は

西横浜駅です。

ちなみにgooglemapでローソンマートを検索しても今日出来たばかりなので、検索できません。

住所で検索するとちゃんと出ます。

https://www.google.com/maps/place/%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%8C%BA%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E7%94%BA%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%92%EF%BC%95/@35.4497326,139.6105505,16z/data=!4m2!3m1!1s0x60185c76faf9d3ad:0x3eacab9aa62bd75c


さて、オープンしたのはいいとして、そもそもローソンマートとはどういった店なのでしょうか。

元々、生鮮コンビニでローソン100が2005年から展開されていましたが、ローソンマートは
それが進化した店舗なのです。

広さはローソン100の1.5倍から2倍まで広く、取り扱う商品も増やし、コンビニが持っているATMや公共
料金の支払いといったサービス機能も追加されました。

つまり、スーパーとコンビニが合体した店舗と言えるのではないでしょうか。

ちなみに本日オープンした1号店の広さは

店舗面積が422.43㎡(127.79坪)
売り場面積 が 252.43㎡(76.36坪)
そして取り扱い商品数がだいたい6,000品目ほどあります。


各商品に対してこれから充実化を狙っていくようですが、特に手づくりおにぎりやサンドウィッチ
を導入していくようなので、遅い時間になっても出来たての味が食べられることができるのは嬉しいですね。

もしかしたら刺身も取り扱って、酒のつまみが切れた時に手軽に魚の刺身が買えるようになる
日が来るかもしれません。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天然寒天って普通の寒天とどう違うんだ?製造工程とレシピ動画 [食材]

寒天、といえばあー、あれか、と大体のイメージは付くと思いますが、
天然寒天と聞かれるとえ?天然?となると思います。

そもそも、寒天はどのようにして作られているのでしょうか。

まず、寒天には形状の種類で大きく分けて3種類あります。

1つめは角寒天、棒状の寒天です。

2つめは細寒天、糸状の寒天です。

3つめは粉寒天、文字通り粉の寒天です。

原材料、製造方法についてですが

1つめの角寒天の場合、天草とオゴ草を混ぜて作ります。
製造方法は、海藻から抽出して固めた「ところてん」を乾燥、凍結させます。

2つめの細観点の場合は主に天草ですが、オゴ草を混ぜる場合もあります。
製造方法は、ところてんを網に押し出し、糸状にしてから乾燥、凍結させます。

3つめの粉寒天の場合はオゴ草が主ですが、天草を混ぜる場合もあります。
製造方法は、ところてんを乾燥させて粉々にして作ります。


なるほど、寒天についてはわかった。しかしどれが天然なのか?

それは、製造工程にある乾燥と凍結方法にあります。

大量生産する場合は乾燥、凍結させるために機械の力を借りますが、
天然と呼ばれているものは天然凍結・天然乾燥させるわけです。

とまぁ言葉で説明するより動画で見たほうが早いですね

寒天ができるまで



また、寒天といえばデザートのイメージが多いと思いますが、こちらの糸寒天とトマトの中華和え
もなかなか美味しそうです。




ちなみに寒天ダイエットというダイエットもあるので減量してみたい方も寒天を使った料理を食べてみてはいかがでしょうか。、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飲み放題のからくり [食材]

雪が降ったりと寒くなる季節。

こんなときはお酒でも飲んであったまりたい、ということで会社の帰りや
休日に飲みに出かけるわけですが、多くの人は飲み放題に行くと思います。

飲み放題だと飲みたい酒がいくらでも飲めるので、お得だと感じるからでしょう。

特にチェーン居酒屋では考えられないくらいの安さで飲み放題を提供してくれます。

ある程度飲んでいると、これでもう元は取った、などと思うかもしれませんが


絶対に元は取れません。


なぜなら、飲み放題には時間性もありますし、飲める量も決まっている上に、一杯あたりの原価がとても安い
からです。

作り方もまともな店とは異なります。
例えばジントニックを例に挙げてみましょう。
これは、ジンとトニックウォーターを混ぜたものですが、
飲み放題の店ではジントニックコンクというジントニックの元に炭酸水を入れて作ります。

当然ながら、美味しさは前者の方が上ですが原価は圧倒的に後者の方が安くなります。

200円で原価が10%の場合、1杯につき20円分の損を店がするわけですが、飲み放題分の値段を1000円で
考えると元を取るためには50杯も飲まなければなりません。時間云々以前に、どんな液体だろうが1日50杯も飲めるわけがないわけです。しかし、ずっといられても困るので、回転のために時間性を設けているわけです。

原価が低いので、当然ながら使用している酒、水の品質も悪いです。久しぶりに飲み放題に行って
あまり飲んでないのにすごく気持ち悪くなった覚えはありませんか?原因はこれです。

というように、激安飲み放題は得をしているように思えますが、本当に得をしているのは店側なのです。

コース料理とかで鍋が出てきた時も、やけにもやしが多かったりするのはもやしが安いからです。


個人的にはこういう激安居酒屋よりも、まともな板前がいる料理屋で美味しい料理を食べてゆったりと
お酒を飲んで話をしたいですね。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サケガシラってなんだろうか。とりあえず動画で見る。 [生物]

高知県の室戸岬沖でサケガシラが網に大量にかかっているようです。

で、そもそもサケガシラってどういう魚なんでしょうか。

日本海全域、又は日本近海に分布しているようで、海底から200~500Mくらい離れたところにいるようです。

普段はあまり見かけることはありませんが、台風とかで沿岸に漂着する場合があります。

これらのことから本来は姿をあまり見せない魚で、漁にもかからないように思えます。

ちなみに食べることは可能なんですが、深海の水圧に耐えられるため体が柔らかく、水っぽくてブヨブヨしているため不味いそうです。



さて、実際に海の中ではどのように泳いでいるのか見てみましょう。



うーむ、泳いでいるというよりは浮遊、もしくは漂っているように見えますね。

なお、このサケガシラの稚魚は未だに発見されていないようです。深海は謎が多いですね。

この魚が打ち上げられた場合は、地震の前兆と言われたり、秋頃に見かけることができれば鮭を招く、つまり鮭を多く取ることができる縁起のいい魚の2通りの見方があるようです。

今回は前者ですかね・・・・

深海で何かが起きているのでしょうか。


今年の都心の大雪といい、これから大きな災害が来るかもしれませんので、備えられるだけ備えたほうが
いいかもしれません。備えあれば憂いなしとも言いますしね。

余談ですがサケガシラとリュウグウノツカイは別の魚です。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。