So-net無料ブログ作成
検索選択

駐日米国大使、ウィリアム・F・ハガティの経歴とは? トランプの対日戦略 [政治]

スポンサーリンク




久しぶりの更新ですw

最近ニュースを見ると必ずと言っていいほどトランプ大統領がテレビに映りますね。
まぁ大統領令をバンバン発しているので当然といえば当然かもしれません。

遊戯王でいうと俺のターン、大統領令を発行という感じでしょうか。

そして大統領の他にも日米関係に大きく関わる人物がいます。
それは駐日米国大使です。

新しく駐日米国大使に任命されたのはウィリアム・F・ハガティ。

彼はどんな経歴の持ち主なのでしょうか?

経歴について少しずつ触れていきましょう。

誕生地はアメリカ合衆国 テネシー州ナッシュビル。
この街はカントリーミュージックの聖地とされています。


大学はヴァンダービルト大学を卒業。
この大学は2017年のアメリカの大学ランキング15位に位置づけされています。
2016年の世界ランキングでは87位。
ランキング100位以内に入っているのでどれだけ難しいのかが伺えますね。


大学卒業後のウィリアム・F・ハガティ氏は、経営コンサルティンググループに在籍し、
日本に3年間程赴任していたので、日本の事についてもよく知られているようです。


また、シリコンバレーとの関わりを持ち、投資会社を設立して、その後も
ホテルグループや保険会社といった多くの分野の企業の経営にも参加し、
優秀な実績を残しています。


他にも日本企業の投資を取りまとめた経歴もあるため、
ウィリアム・F・ハガティ氏は日本の風土も企業も熟知しているという
まさに駐日米国大使にはぴったりの経歴を持つ人物であると伺えます。

特に、トランプ大統領は日本のような年功序列ではなく、実力主義派なので、
選ばれるのも当然という風に見ることもできますね。


アメリカ第一主義を掲げているトランプ大統領の対日戦略がかなりの本腰を入れているのが
見えてきていると思います。

日本もこれくらいの勢いで外交や内政をしてほしいものですが、
残業時間を100時間に規制とか言っている時点で嗚呼・・と私は思ってしまいますw


ただ別の視点から見れば、トランプ政権の人物たちとコネクションを強くすれば
上手く利用することができるのではないかと思います。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。