So-net無料ブログ作成
検索選択

実は持っているけど使えない?集団的自衛権の何が問題か [政治]

スポンサーリンク




自衛隊近ニュースで、安倍内閣による集団的自衛権の行使に関する
内容をよく耳にします。


が、集団的自衛権ってそもそもどういったものなのでしょうか?何が問題なのか?


例えばですが、日本の自衛隊とアメリカ軍が同時演習などをしていた場合、

見知らぬ不審な潜水艦からアメリカ側に攻撃をしたとします。


当然、日本側は味方が攻撃を受けたので敵の潜水艦に反撃をします。


つまり、味方がやられたらこちらからやり返す。これが集団的自衛権です。


では何が問題かというと日本の場合は集団的自衛権の権利はあるのですが憲法解釈により
味方がやられても自分がやられるまで使うことができないわけです。持っているけど使えないわけです。


集団的自衛権と聞くと日本特有の権限のように聞こえますが、すべての国に
国際的に認められています。

国連の中で使えないのは日本だけになっています。なんで日本って持っているのに使えないんだ?と
思われている場合もあります。


おそらくこの集団的自衛権は外交などでの交渉のカードとして今までよりもある程度優位に
点てる可能性もあります。


ちなみに、日本が平和でいられるのは憲法のおかげだ!という人がいますが、
果たしてそれだけなのでしょうか

自衛隊や同盟国に米があるからだと思います。

住居侵入罪があるけど家には鍵をかけますよね。そういうことだと思います。














スポンサーリンク
]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。